居住者が安心して住める最新のセキュリティ環境

住む人の事を考えている高級賃貸の安全性の高さ

高級賃貸はともすればそのハイグレードなインテリア、エクステリアなどに目がゆきがちですが、住む人の事を考えて設計建築された安全性の高さや各種サービスについても素晴らしいものがあります。
近年建築されるオフィスビル等に導入されている免震、制震構造を持つ物件が多数あり、万が一の時にも大切な家族や家財を守ります。
また耐火性にも配慮しており、難燃性のカーテンや耐火性に優れた部材を用いており災害対策への万全の備えを行なっています。
また災害だけでなく犯罪などに対しても高いレベルでの備えを行なっているのが高級賃貸の特徴です。

セキュリティのクオリティも高級ホテル並み

賃貸マンションの場合は共用設備には共用玄関ではオートロックを備え、フロアごとに監視カメラやロックを更に備えている物件が多数あります。
住戸もドアはダブルロックあるいはトリプルロックとなっており、近年問題化しているピッキングやサムターン回しに備えてサムターンガードを付けていたり、複製が困難なディンプルキーの採用により不正解錠を防ぐ手立てが施されています。

最新のセキュリティ環境で居住者を守る

また最近では更にセキュリティが進んだ、指紋認証式のキーや暗証番号式のキーを採用する物件も増えており、非常に強固なセキュリティが成されています。
来訪者に対してはドアカメラを使って映像と音声で確認を行えるようになっています。
これらのセキュリティの管理はインテグラボードと呼ばれる一元的に管理できる機器を設置して、利用者の負担にならないようにも配慮しています。
このような設備面だけでなく、人的面でもセキュリティに気をつかっており二四時間警備員が常駐している物件も多数あり、何かしらの問題があったときにすぐに対処してくれます。
このように高級賃貸は住む人が安全に暮らせるように各種工夫が行われています。